読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



もろもろ(検索語より)

珍しく連投。

最初の写真素材探しが結構面倒だったり…

私のブログは、はてなさんにお金を払っているのでちょっとだけ付加価値がつきます。腹黒い話、最初はアフィリエイト(記事周りにある広告収入)で小遣い稼ぎ、最低でもはてなさんに払っているPRO使用料ぐらいはチャラにしたいと思っていましたが、無理でした(汗)初代HTMLぐらいでしたら書けますが、最近のCSSを使ったものやJavaスクリプトを組込んだものなんて無理無理。Web製作・デザイナーを生業にするなら勉強しますけど…別の視点で情報を売るというので稼ぐ方法もあります。うまく仕組み作りができてそれが回り出せば自動的にお金が入ってきます。かなりのセンスが必要で、簡単にできれば皆さん成功しているはずですが、うまく行っている人はほんの数パーセントと聞きます。母集団がなんなのかも定かではありませんが…ネタばらしにもなってしまうのでこの辺で。

と、いきなり脱線から始まりました。有料のPROという機能には、前にもお話したアクセス解析や、自分用広告の操作ができます。アクセス解析はもちろん統計的で個人の特定なんてできませんからご安心を。あ、横にあるランキングサイトもポチってくださると助かります。ランキングサイトからいらっしゃる方の目に留まりますのでって、経験上、サイト管理者の更新頻度とそれに付随した内容にかなり左右されます。

あ、また…アクセス解析からリピーターさんが多いのですがやはり検索ですね。Google、Yahoo、ドコモなど。ざっくりとした検索ワードが把握できます。

で、気になったことですかね。

アスペ、ASDなどの発達障害自身の情報を探している方は減りましたね。

 

やはり、パートナーにASD、アスペの方がいらっしゃる、いわばカサンドラ症候群状態の方の苦労されているいろいろな検索語がみうけられます。「死ね」は上位から居なくなりましたが(笑)やはり「離婚」が根強いです。

離婚ネタは不貞行為やDVなどいろいろですが、ここの場合、発達障害を理由に別れられるかというようなことです。表向き理系バカで法律なんて語られるものでもないし、下手なアドバイスしたら法律に引っかかりそうです。ネットを眺めてみると離婚をするための理由(事由)の1つにパートナーが強い精神病で、治りそうも無いってのがあるみたいです。

この発達障害は先天的で、勝手な解釈ですがまだ知名度が低いので精神病に該当させるのが難しいみたいですね。あとは一般的に夫婦関係を継続させるのが困難であることを証明しないといけないようです。本当に別れたいのならブログに記録を取っておくのもいいかもしれませんね。公平に天秤にかけられますので感情的にならずに、これだけ譲歩したけど改善しなかったみたいな冷静な記録が有利みたいです。あくまでネット上の弁護士さん、アドバイザーさん等の記事からの私のフィルタを通した感じたことです。

もちろん、離婚を勧めているわけではありませんし、お考えなら専門の弁護士さんに相談してくださいね。ハラスメントだらけのこの時代(ダウンタウンのまっちゃんがハラスメントだらけでそれこそ「ハラハラ」やって言っていたのが印象的です)。「記録」に反応しているのは大学の助手時代に成人した学生さんが、単位が足りない、卒論として(道筋は立て、フォローはしていますが)卒業が認められないなどとなるとアカハラ(アカデミックハラスメント)ということで親が怒鳴り込んでくる事例が多々ありました。幸い私の居た研究室の学生さんは皆さん優秀で、卒論、修論の成果は、卒業には申し分の無い研究をして、就職していきました。ごく一部問題となる学生さんも存在します。結果だけを訴えますので、ゼミナールの出席状況や各自の研究の進み具合の打合せに来ないとか。引け目を感じるのでしょうか、やってないのだったらそれでも良いですしとりあえず来て現状報告することが肝心です。企業経験者ということでそれなりの説得力はあったと自分では思ってます。下手をすると、何日の何時に来て何時に帰ったまで記録しなければなりません。こちらなりの防衛策です。

ああ、また脱線…離別を考えられてる方への意見でした。ただ、うちの出来た嫁さんのように、相手が変わらないのであれば、視点・考え方を変える、期待するのを止める等の健常者さん側の譲歩もほしいところです。この手の案件を扱う弁護士さんの意見ですが、「普通ではない状況」を受け入れる試み(努力とまでは言わない)をしてみては?という締めくくりが多いですね。

中には頑固でぜんぜん考え方を変えようとしない当事者さんもいるようで、ASD・アスペを受け入れない(診断されても)というのも散見します。

自分で言うのも何ですが、私の場合は歩み寄りの気持ちはあります。ただ、気づかないこともあるし、空回りしている場合も多々あります。仕事の効率化・コミュ力が欠けている私の対策は、「経験のデータベース(DB)」を作ってそこそこ使っていることです。ASDには気づかない状況をと通常あるべき姿・行動の対を記憶しておきます。ときにはメモるかな。ただ2つ問題というか面倒なことがあって、1.状況と対応の対を教えられないとDBに入力できない。2.せっかくDB化しても検索キーである現在の状況を入力しても、似た状況を探すのも下手なのでそのままThe condition is NOT foundか、見つけても時間がかかってしまうという使いにくさがあります。無いよりマシ程度で、結果は満足できなくとも運用していることに意義を感じています。

 

なぜかCPAP。疾病のデパートですから。睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対処療法ですね。位置ゲーで一旦は75kgを割りましたが、現在は戻ってしまっています。前述のとおり年なのか寝落ちすることが多く、付け忘れ甚だしいです。お泊りに来た嫁さんに聞いたら、やはりイビキはかいているそうです。ただ、SASの息が止まったりは無いそうです。こればっかりはパートナーか、モニター機器がないと自分では確認できませんね。

 

最後に、アスペと団信(住宅ローンを組む時の団体信用生命保険)の組合せ。

生命保険や医療保険の加入で、告知義務の項目に通院・入院の病気歴の内容で、脳・神経および精神にかかわる病気というのが小さい文字で項目にあります。これに該当したら、まず拒否されます、もちろん団信も。病院から離れて5年経つと病歴がクリアされると聞いています。

通常の生命保険や医療保険には2~5倍の保険料で病歴や現在患っている持病の告知項目がない商品も出始めました(さすがに発症状態ではダメだったような)。私もうつ発病前に入ったものを継続しています。これも難しいので保険外交員さんだと断りに方向に行きそうですが、代理店だと相談にのってくれるかもしれませんね。離婚の話にも出たのですが、ASDなどの発達障害は先天性の症状であり、病気ではないので線引きが難しいところですが、病気一覧には該当するものがなかったような(2~3年前の保険)。

 

いろいろと技術が進み、病気や発達障害などの新しい分類もでき、今までになかった問題もでてきて時代は変わったなぁと思う次第です。

 

とにかく生きるので精一杯です。実質家族を支える嫁さんには感謝で頭が上がりません。

 



スポンサーリンク