カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペ親の、おそらくアスペじゃない子供への教育

書き終わって、タイトルにあまり期待しないでください。過去の話が多いです in advance。

嫁さんを離れて、子供の教育について。
生活面はほとんど嫁さん任せ。
考え方などは嫁さんに似てほしいですし、子供たちもお父さんみたいになっちゃいけないことは各自感じているみたいです。そうするとそのあたりは嫁さんにお願いという形になってしまっています。
学習面は、長男君が苦労したように、今は直接は見てないけど双子が大変そう。
明らかに理系にはなっていないところが、離れて暮らしているせいなのかな。単にお父さんの話が長くなるからうんざりなのかも(汗)
引っ越す前までお風呂に入りながらとかで、彼らの疑問点なんかには一度も「知らないよ」と答えた覚えが無いのがちょっと手前味噌です。先のとおり脱線しますが自制はしています。
双子は、気を遣っているのか、純粋なのかいわゆる自然科学的なことしか聞いてきません。政治、国際情勢、友人関係の悩みだと答えられないかも…
物理化学系と地学の宇宙関連には、逆に先生経験から「どう思う?」と質問してみたりします。
ブラックホールで吸い込まれたモノはどこに行っちゃうのか?
この宇宙の生まれる前はどんなだったのか?
宇宙の果ての外は何がある?
宇宙はこのまま広がり続ける?
とか、実際の学問でも議論されているような素朴な疑問です。
支離滅裂な答えや思考フローに、そう考えるとここがおかしくなっちゃうよ。とかツッコミを入れると、あーそうか、とすぐ別の考えに移ります。いろいろ今持っている知識だけでも自発的に考えを巡らせる過程が重要ですね。
電子回路設計屋なのでブルーバックス程度の知識しかありませんが雑誌Newtonなどの説明をうまく使って答えています。
小学生相手なので、いくら簡単に言っても納得はしませんし、すぐに忘れてしまいますが…

小数点の足し算で答えに9.0と書いたら減点をくらったのが一時話題になりました。教科書がそうなっていたら、「そのときは」そちらが正解です(と考えています)。中学英語の作文でピリオド忘れて減点どころか×くらったことがいくらでもあります。もちろん、英文では必須なんですけどね。会話などのクォーテンションで囲われたあとのコンマやピリオドをどうするかとか、まあ合理的ではあるんですけど。
日本の初等教育の注力点が相変わらずズレているのは否めません。

0.999・・・は1か?(1/3の3倍と何が違う?)とか0の0乗はどう定義するか?とか証明できていたり、定義できないものも考えさせ、議論させたほうがよっぽど有意義だと思います。

脱線します。中学生レベルだと、マイナス×マイナスがプラスになる説明をどう生活の物理量で説明するかとか、教える側にもアナロジの引き出しが必要です。ちなみに、検索すると数直線で説明するのが多くひっかかります。私としては、水が抜けていく水槽の水位と時間の関係が一番しっくりきました。水位は減っていく(マイナス)。何分「前(マイナス)」の水位は幾らだったか?というものです。当然、元の水位の高いプラス側になっています。時間を巻き戻すのはアリだと思いました。答えは違いますが借金に借金を重ねると利益になるのですか?という着眼点も面白かったです。厳密に乗数側のマイナスの考え方を変えればプラスにはなるのですが、これは少し分かりにくいですね。

長男君には教材などいろいろお金をかけました。このときはASD発動で、子供がひっかかかる部分の半分があいまいに取れるもの、答えが複数あるものなどのいわゆる悪問で、ある時期、「出た!悪問で片付ける」というのがありましたね。
実際に重要な試験で悪問が出たときは、出題者の意図を読み取れと高度な要求をしています(笑)
ASDのひとつの特長、記憶力がすごい(後述しますが、ある方、ない方いらっしゃいます)。高校入試で、心臓と肺の血管のつながりの選択問題で答えが無い!結局、出題ミスで全員正解処置でしたが60分の試験中、10分使った時間を返せって感じですね。そのときの状況は「質問は印刷のかすれなどのみで内容には答えられない」というものでした。数学でもないのに解無しってのは高校入試レベルではありえませんから、あせりが高まったのと時間を無駄にしただけですね。現在では出題ミスはすぐ新聞沙汰になりますね…
旧情報処理試験でも、プログラムの虫食い問題があって、答えが2つ。記述式だったので、両方書いておきました。初の正解が複数だったのでこれも焦り、時間を無駄に使いましたが。

かなり脱線しましたね。
脱線ついでに前記事ネタの検索ワードで、「アスペはなぜ論点がズレるのか?」ってのがありました(汗)
計画を立てられない、話をまとめる能力に欠けていますからって逃げです。

子供たちへの教育でした。

この記事のネタを立ち上げようとしたのが現在ツライ満員電車に同乗していた女子中学生3人の定期試験前友達同士会話に「物言い」です。電車通勤ネタも別にあります。後日また。

しばし、中学生の発言と理系ASDの心の中のやり取りを。
理科2の気象・天気のところでした。
・ジェット気流って聞いたこと無いんだけど、何がジェットなの?ノートにも書いてないし~
 (アメリカかカナダ行き帰りの飛行機に乗れば実感できるよ)
・なんか先生に聞いたらコリオリの力のところで教えたでしょとか訳わかんないし~
 (すげー高度なこと教える先生だな。フーコーの振り子を国立科学博物館で見たなぁ)
  #コリオリの力をウィキペディアで見ると後半は難しい数式がたくさんでてきます(笑)
・雲の種類の高さでプリントとネットでで調べたのが違うんだけど。私絶対調べたほうを書く~。間違ってたらみんなで文句言いにいこう
 (出た、ネットの不確定情報!配られたプリントで教えられたとおりに答えれば良いのに)
今度は理科1かな
・陽極と陰極とかノートに書いてないんだけど
 (それば残念、聞き漏らしたか、先生が教え忘れたかもね)
・なんか電子の流れと電流の流れの方向が逆らしいんだけど訳わかんね~
 (「訳わかんない」は、家ではNGワードなんだよねぇ。キミ達には関係ないけど…
  1900年くらいに電子が見つかる100年前に電流の向きを決めちゃったボルタに文句言ってね)
・気体の集め方で何で水上置換だけ変な名前なの~超ムカつく~
 (ムカつくもNGワード。ひっかけ問題に良く出されるからね。水中置換とか選択肢にあったら選んじゃだめだよ)

今回は書きなぐり記事だということでお許しください。
そういえば、学生時代、バイトでローカルな塾の講師、個人指導、家庭教師をしてました。
講師は中学の理科担当で、
1年生は小学生からの元気いっぱいな感じ。
2年生は3人しかおらず、反応が全く無い。
3年生は10人ぐらい居ましたが、グループトップの女子がうるさいけど勉強も出来るという嫌な奴の典型で、当時は無かった用語の学級崩壊状態。
もともと、個人指導だけという契約でしたが、講師の手が足りないということで助っ人でした。まだ、ASDなどとはわからず、怒鳴るわけにもいかず、淡々と授業をしてました。なんか、いじられキャラになっており、これもASDなのかなぜかスルーでき腹も立ちませんでした。
基本的に教科書の学校で教えている部分の復習のような形で授業を進め質問を受ける形で60分、特にストレス無し。
あるとき、定期試験があったらしく、女子トップの提案で試験問題の解説をしてよ~みたいな流れになり、じゃあそうしようか。ということでテスト問題解説になりました。
んんん?この話題、以前したかな???検索するのが面倒だ。ブログの過去は見ない!(笑)
その学年全部同じ学校だったので同じ問題だったので全員同意。というより、トップの意見には逆らえない状況でした。
2分野、いわゆる理科2の天気と植物のところで、一問一問解説して行きました。
トップの態度が変わったのはこのときから。行儀が良くなりました(笑)
「すげ~、教科書も見ないで、答案も返ってきてないのに答えが分かるんだ」と。
基本、計算問題以外は「記憶」だけです。自分自身中学は相当がんばったので、結構覚えているものです。実はASDの持っている・持っていないの能力はスペクトラム(連続体)なのでいろいろです。たまたま記憶力が良いというのを持ってました。ただし条件付き。キャパオーバーの場合は発動しない。典型例が高校英語のイディオムと単語数。実際使わないと使用頻度もわからないし、言い換えも可能。前述のように日本の教育現場のテストには重箱の隅をつついたような問題が。こんなとこを問題にして実用的なのかよって感じです。
とにもかくにも、そのときは中学時代の記憶に助けられました。各分野教科書上下とあるので4冊を引っ掻き回して確認するより記憶から引き出したほうが淀みなく解説ができました。後でトップの100点の答案を見ても間違いはありませんでした。
意外なところで役に立つASD(?)しかし、一般常識のDB作りが下手なASD

じゃあ、自分の子供のときはどうよ。ってことになりますね。
ゆとり、ゆとり解除の間に、社会や理科の内容が大まかなところは一緒ですが、細かいところが結構違うので、歳をとったせいもあり、教科書を見ないと解説ができない状態でした。そもそも、うちの子供たちはあんまりお勉強が好きではないので早く終わりたい一心でしたね。

カサンドラをどう軽減するかから離れていますがご了承を。
アスペであることを意識しているASDの当事者のブログということでよろしくお願いします。
嫁さんのやりとりも、頻繁ではないですが何か問題があればしてますし、何かあれば記事化しますね。
ちょっと、今は表に出せませんが「私以外」の原因で、嫁さんが精神的グロッキー(死後?)状態。
良い方向に向かったら、また確認をとって公表させていただきます。



スポンサーリンク