読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



苦手なもの:あいまいさの収束

アスペルガー症候群(ASD) お仕事

連投です。

ASDに苦手なもの、それはあいまいさです。
コンピュータ関連の電子回路の研究でしたのであいまいさをうまく表現し使う研究者もいますし実用化されています。
そのときの英語表現はvagueというのを良く聞きました。

いきなり脱線ですね(汗)

記事タイトルにあるように苦手なもの
1.落し所を見つける
2.折り合いをつける
です。

ビジネスには必要なものです。グローバルではどうなのか英語を調べてみましょう。
辞書引きは嫌いですが、便利な時代になったもので検索すれば辞書代わりになります。

落し所は良く使われるようで
point of compromise
common ground
なんかが引っかかってきます。
妥協とか地面とか、確かに良い方向ではないですね。
bottom line
というのもあります着地点というより「底」ですか。
まあ、両者が納得する最低ラインで妥協するといった意味合いでしょうか。
引きずりますが、半年前に私が失敗したところです。

では、折り合いです。これは決まった言いようがないようで
work out the differences
come to terms with
なんかが引っかかってきますが、日本独特の言い回しなのでしょうかね
ネゴシエーションなんて単語も使ったのもありました。

現在は、法律もあり直接お客さんとやり取りはしてはいけなく、そのチームのリーダ業を担当する人間を通すことになっています。

お客さんとは認識、考え方の違いもありそれを調整するのはなかなか難しいです。お客さんもカマをかけて、こちらの能力を計ったり、それは「駆け引き」かもしれません。

経験DBでは、この揺れ動くあいまいさをカバーできません。DB上にあったとしても検索・対応のスピードが追いつかないですし、コンピュータではないので「疲弊」します(笑)

う~ん。こればっかりは直(治)らないだろうなぁ。



スポンサーリンク