カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



そういえば今日は&昔のASDな出来事

負け惜しみのオタクがいう、商売道具としての外国文化を取り入れたバレンタインデーですな。

息子たちはそれなりにもらったらしい。

私に似なくてよかったなぁ。

私の遺伝子が入っちゃってるけど、嫁さんの育て方が良かったようで結構人気ものみたいです。

職場の義理チョコ?

協力会社の詰所みたいな男の技術者ばかり集まった部屋には全く普通の平日でした。全体の仕事の締切が近くて殺気立ってたかも(笑)

 

(追記)

こちらのほうが重要だった。これは嫁さんにいまだに根に持たれている(汗)

嫁さんとお付き合いして数年後に就職して結婚する彼女彼氏時代、嫁さんがバレンタインデーにチーズケーキを作ってきてくれました。で、飲み物を買いに私が一人でコンビニに。そこでなんといつものチーズケーキを見つけ、ついでに買っていました。確かにコンビニのケーキとか当時は買っていましたが、ちょうど目に入ったソレを買って帰りました。もちろん、嫁さんは怒ります。確か、なんで怒られるのかわからなかった覚えが。もう完全にASDの行動ですね。そのときの私の主張は、嫁さんの贈り物としてのチーズケーキと、いつも買っているチーズケーキがバッティング(butting)しただけ。あてつけとかそんな悪気は一切なし。買ったときは衝動買いというか嫁さんがチーズケーキを作ってきてくれたことをその一瞬忘れています。でも「普通」に考えるとショックだったでしょう。アスペなんて世の中に出回ってなかったころにそういうくくりの人だとわかっていたらそのときに別れられていたかもしれませんね…

(さらに追記)

う~ん。初めて文章にしてみた。確かにひどいねぇ。

簡単な検証。立場が逆だったら。相手がどんな境遇でもちょっと先が不安になるな。

ごめんなさいでした。

広告を非表示にする


スポンサーリンク