カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



最近ちょっと不調&回復および今日嫁さんが来ます

やっぱり放置気味になってしまいますね。

・仕事がちょーっとしんどい。自分の力量&処理能力を超えてきた

・敵は身内に

的なことがあり上司に配置転換を願い出ました。

(ばっさり、書く機会があれば別途)

なんやかんやで、先週でそこを抜けさせてもらって、4月半ばから別の委託会社で設計業務になります。

現在、請負空白期間を本社で開発している製品の回路検証の仕事を手伝う形で進めています。

仕事場&客先と自社チームメンバーがころころ変わるのは、通常結構ストレスでしょうけど、ASDが手伝ってか表面上はあまり負担ではありません。深層的に負担になっているかはわかりませんが…

直属の上司と、先輩でもある上位上司にはかなり手間をかけさせてしましました。

まあ、1月ごろから、主治医の言う小休止が増えまして、この手の経験DBは充実してますから早めに手を打ちました。

昔の大会社&大学・研究機関なら大企業病と官僚的風土で受け入れられなかったでしょうが、さすが小回りが利きます。すぐに対応してくれました。

電〇の件もあり、ブラックな企業を除いて、そのあたりは大企業ではマニュアル化され、中小企業でもリソースである社員のケアも様変わりしてきました。「人」にもよるんですけどね(笑)

自分のときはもっとひどかった、頑張りが足りない、みたいな「根性論」は現在の私の周辺では見当たりません。

ニュースでは相変わらずパワハラ関係の訴訟が散見しますけど。

公の転職回数も多いので、受託業務であちこち環境の違うところへ行くというのにもあまり抵抗がありません。その場での交渉・折衝的なものはキツイものがありますけどね。

ということで、現在はかなり安定しております。

 

2つ目の話題。子ともたちが春休み中というのもあって嫁さんがまた来てくれます。

大学生の6年の1人暮らしでは友人との関わりも多かったせいか寂しさは感じませんでした。現在は仕事で帰って寝るだけ、休みはあまり外出もせず(結構お金がかかる)で5営業日の疲れを取るだけですし、プライベートでの人の関わりは不定期で催される飲み会程度ですからちょっと寂しさも感じてきました。

籠りっ放しを解消してくれる陣取りも相変わらず続けてますけどちょっと遠出すると体力的に疲れて意味なしになってしまうので。

子供たちのお世話はまかせっきりですが、家を離れて羽伸ばしになれば、と思います。私自身が0番目の子供に逆戻りになってなければ良いのですができるだけのことはしてみようかと。

 

さて掃除・片づけの続きをやりますか。

 



スポンサーリンク