読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



昔の気分&TVの無い生活

嫁さんが来ていろいろ片づけていってくれました。

昔ほど散らかるようなことはしていませんでしたし、住むには許せないと言っていたユニットバスですが、私がメガネを取ってシャワーだけのせいか湯船の汚れに気づかず、そこは自分で追加掃除しました。

特に予定が無く、2泊したので15年ぶりぐらいに1日かけてみなとみらいへ。

当時は赤レンガ倉庫が店舗として活用されリニューアル、ワールドポータズができたばかりの時代でした。ずいぶん様変わりしてましたね。

まぁ、デートスポットであるのですが、ASD君は相も変わらずスマホ片手にupv(unique portals visited:仮想空間上のポケスポット場所に初めて来る)取りに一応、迷惑がかからないように…ポケGoじゃないよ

嫁さんは予想はしていたけどまあ懲りもせずって感じで当然やってるだろうなぐらい。というのも、いろいろ話しながらどうしても自分のほうに話を持っていってしまうところにツッコミが入り「出た。ASDな会話の流れ。人の話を聞かない」みたいなことを言われたので。

別に不機嫌になるわけでもなくASDが判明してから書籍やネットの情報からの典型的なASDの会話の特徴が久々に感じ取れたらしいですね。

 

ワールドポーターズには入らず、赤レンガ倉庫はほぼ全部回りました。

これから有名になるであろうアイドル集団がイベントしてました。わざわざ外野にいるファンの熱の上げようが、ああ、打ち込めるものがあるって良いな、活気ってこういうのだったなって昔を思い出したり。

後でネットで調べてもいまいちわからんイベントを遠巻きにほぼその集団の横で見ていました。もしかして違うかもしれないけど人間観察が好きな嫁さんと一通り熱狂ぶりを堪能して山下公園方向へ。

途中パフォーマーが居ました。昔から最後まで見るのが定番でした。単独が多かったのですが2人組は珍しかったな。これもいつもは手厳しい嫁さんも心づけするなんて評価が高かったんでしょうね。

私の陣取りもそこそこで(自分としてはあまり)脱線しないように中華街まで歩き、遅いランチを。元町に近いほうのお店を探して2軒目が大当たりでした。実は1軒目でも外れではなかった気がしますが、それはお互い同意。

おそらく当時建設中だった地下鉄の終点からそのまま、結婚、長男君誕生、新居購入を過ごした7年半の場所を通過して都心へ向かう直通の電車に乗って帰りました。

 

郊外のそこそこ大きな街の外れに住んでいて、その駅に着いてから嫁さんお気に入りの雑貨屋に寄りたいとのことで、いつものごとく別行動で家に帰ることになりました。ちょっと遠回りでしたが嫁さんはまだ帰っておらず、PCの前で歩き疲れで転寝したいたら、嫁さんが買い物して帰ってきました。TVが無いのが不便なご様子で。

アンテナの口はあるし、1人暮らし用20インチぐらいだったら3万も出せばお釣りが返ってくるぐらいまで液晶テレビが値下がりしています。たぶん買っても嫁さんが帰ったら私は電源入れないと思います。

現時点で会話があまりはずまない。嫁さんにもノートPC持ってくるように前回から言ってあるのでお互い気の向くままに。ちょっと変わってますけど(自分では良い距離感で)仲良くやってると思ってます。キレの良い思考と柔軟性・臨機応変さを持つ嫁さんの本心はわかりませんけど。

私にはネット環境は必須です。できればそれ相応のPCと。まあ今の環境ですけどね。世界で何が起こっているかはネット上のニュースでしか拾ってません。

嫁さんの実家に帰ったときは嫁さんセレクトの撮り貯めていたドラマやバラエティなんかを見ます。

そうそう、年明けから長男君にいろいろ厄介な事象が発生しまして私の不調は黙っていました。結果的には正解だったようで、2人は受け入れられないし、私のほうは仮に嫁さんが来てもどうすることもできないし子供たちを放っておく訳にはいかなかったと。

今回の訪問はこんな感じでした。



スポンサーリンク