カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



今、幸せ?

<<なんでしょう。同じ話を繰り返すことに億劫になってしまうこの感覚…
「そのはなし聞いた」「新しい話題は無いの」を恐れているのかな?>>

自分の存在を知り、意義に疑問を持ったのは小学校5年生の国語の時間で「詩」を書けと。という授業のときでした。
比喩的な表現をしてみようみたいなのが趣旨だったようです。そんな中、考えていると
・唯一鏡でしか見られない他人
・自分の生活・行動が見られている。神様みたいな超常的存在がいるのか?
・自分がいなくなったらこの世界を観測できなくなるし、存在意義は?
みたいな誰しもが通過すると言われる「私って誰?」のような哲学的な疑問に突き当たりました。

自分の記憶をたどると覚えているだけでも幼稚園のころから発達障害の傾向がでていました。<<障害・disorderって言葉が当たってるだけで損ですね。直近でいえばあるSNSでアスペは企業で働くなって管理能力だけは認める元上司に自信満々で書かれたこと。>>

廊下に張り出され、友達の作品とは異色を放つ違和感、と言って目立つ訳でもなく、先生もスルー。

幼少期から、むずむず脚症候群・restless legs syndromeの傾向がありました。身体への影響は一回目の休職中でSSRIを服用限界まで飲んできたときですか。子供のころは寝入り場と起床前の感覚・感情障害ですね。言わんともし難い感覚・気分が襲ってくる。といっても「怖い」ということなく、心が気持ちが悪いとでも言いましょうか。考えも未熟だったので特に対処もしないでも問題ありませんでした。

そういう感覚が襲っていたときに「自分とはなんぞや?」ってぼやっと思っていたのが、この授業で集約され、急に頭を悩ますことになりました。

大学の教養部時代に文系科目も単位としてとらなければいけなかったので経済・法学・論理学そして哲学の入門みたいな講義を受けました。<<個人的なは論理学が一番面白かったですが。>>
で、哲学の期末試験はレポートで何か自分で見つけた哲学書と思われる書籍を読んで思ったことを書け。みたいなざっくりしたものでした。<<技術書以外は嫁さんと正反対で本が嫌い。特に小説でもない評論的な、読んでいる途中でついていけなくなるような。>>
何のつながりでそれを選ぶ?は別で書くとして、デカルトの「方法序説」の訳本を読むことにしました。有名な「我思う、ゆえに我あり」が書かれているやつです。
結局のところ何だかわからないまま、感想文みたいなレポートになりました。出せばA(優)という先生でしたので、無駄にはならなかったのです。

アラフィフで仕事や評価に文句垂れている出世街道から転げ落ちた人間とひがんでいるせいか、最近貧困医大生、介護貧乏とかの記事に目が行ってしまいます。相対的幸せ論ってやつですね。自分より苦労してる人や厳しい境遇の人がいるんだと。
自分は流されやすい人間です。コメントには、ヤラセだろとか、努力の余地がある取材対象者が怠惰だとか、皆さん冷静な判断をしています。
嫁さん曰く、こういった境遇のとか状況はごく一部だからと、こちらも冷静な判断。

良く言えば達観、悪く言えば面倒。この世への生と、自分の存在意義、予想よりちょっと厳しい境遇について追及することも半ばあきらめ状態です。

これから、CPAP病院と歯医者に立て続けに行かなければならなく、インドア派で外気温も34℃、かつ昼寝もちょっと待て状態が面倒だなぁと思っているところです。
現在、私が自分なりに冷静になっていて、以前「幸せ」ってなんだ?みたいな記事を書いていたのに、もしかして案外幸せなのかもと思う次第でした。

嫁さんや子供たちが「休みなんだからゆっくりさせてくれよ」とゴロゴロしている父親を叩き起こして、家族でレジャーに行きます。子供たちは元気いっぱいにおおはしゃぎ、親のほうはベンチなどの日陰からその様子を見守って子供の成長を実感。夕刻、疲れたけど楽しかったね。が模範的なのでしょうかね。

自分の実力不足、子供の学年タイミング、嫁さんの理解と私への過度な期待はしない・子供たちが大好き能力などで別居生活になっています。私に限っては、少し「余裕」が出ています。嫁さんのカサンドラ症候群が進行していなければ良いのですが、ASDの私には計りかねます。0番目の一番手のかかる息子が、離れた地でそれなりに社会人しているので近くにいることの負担はかかっていないと思いますが…

<<>>は推敲時余分な情報かなと思った部分です(笑)



スポンサーリンク