読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



臨機応変:何それ、食べられるの?

アスペルガー症候群(ASD) お仕事

夫婦関係以前に、仕事にて

・あの(例の)件どうなった?

・じゃあとはいつものとおりにやっておいて

・てきとうに処理しておいて

などが一番困ります。「指示代名詞」と「あいまいさ」がASDの天敵です。

ASDでなくても、話し手側、聴き手側にお互いの考えの齟齬が生じてトラブルになっているのは良く見かけます。

上の例だと「あの(例の)」「いつものとおり」「てきとう(適切の意味ではなく適度の意)」がアブストラクトです。話し手側の繰り返しで指示代名詞が使われますが、その都度コンクリートな表現が必要です。

多忙になってくると指示系統が自分基準で話してきます。「有能」な部下は経験や今までの履歴を駆使してほぼ100%あいまいさを回避・解釈し結果を出します。さすがに判断できないときには指示を仰いだり確認する周到さです。

未踏の仕事になればなおさらです。その場の自分の経験や知識をフルに使ったその場での最適の対応:「臨機応変」さが求められます。もちろん健常者でも成功率は下がります。

通常業務においても、あいまい指示で意志が伝わらないとき「臨機応変」さが足りないな。なんて言われることがあります。

技術面でいえば、ツールが動かないなどのトラブル発生時、経験・知識データベースから、解決の引き出しが幾つかあり、それを順番に試すと当たり!で解決することが多いです。仕事で使うツールや間違い等のトラブルは大体、作りの言語が同一であること、陥りやすいミスもほぼ似通っていることなどから類推がしやすいです。

人間の指示は個人差もありますしデータベース化し難いです。ある日本の研究では10%が潜在的なこのようなあいまいさに対応できない「発達障害」が潜在していると言います。

「うつ病」「障害」と聞くと一気に態度を変える古い人間が多々上司にいました。その対応は「排除」です。悲しいですね。自分もその仲間かもしれないのに(笑)

現在は、ASDを含む発達障害の方は、指示に対してまったく動けない訳ではないので、どう効率よく指示を出すかに考え方が変わってきています。すでにあるリソースをダメ出しするのではなく(何の解決にもならない)、どうやったら効率よく仕事してくれるか指示系統が変わる傾向にあります。幸いなことにスペクトラムといいつつ多様性があり対応が難しいかもしれんませんが、大きな会社ではすでにマニュアルがあるように、一定の法則があるのでそれに従うだけです。

健常者の上司からすれば面倒極まりないかもしれませんが、部や課などのグループ全体のパフォーマンスが向上すれば、それくらいの指示の出し方の面倒さは受け入れてほしいです。

一般的な例は、前述の逆、指示代名詞は使わず

・○○会社のxxの案件はどんな現状?

・(前回、何月に)△△で対応した方法で今回の件を試してみて

・(何度かやっている)□□のやり方でやってみて

などとなります。

あと、スタックを積まないで1つ1つの指示に分割すべきです。メモで対応できるレべルの軽度ASDの方もいますが、基本一度にたくさんの仕事を振らないのが吉ですね。

最後に、この記事のタイトルにも関係しますが、予定は前もってスケジューリングしておくことでしょうね。しかし状況は刻々と変わりますので寸前の予定や指示の変更に「臨機応変」さを期待して「結果」を「期限内」に求めるのはほぼ不可能です。その都度に応じたブレークダウンした指示が望ましいですね。

 

まあ、ASDの方は処理能力はありますので「仕事に対しては」コンピュータみたいなものです。コンピュータはプログラム(指示のリスト)がないと動きません。もちろん、ASDの方も人間ですから本当のコンピュータにはできない創造したり、自律的に目的を持ったりできます。あくまで仕事に対してです。

以前、記事にしたかもしれませんが鉄人28号を操作する少年の指示がスゴイです。「行け鉄人!」「負けるな鉄人!」この指示で戦える鉄人は、ほぼほぼ人間でしょう(笑)

納品寸前

お仕事 アスペルガー症候群(ASD)

f:id:multiplier:20160919133119j:plain

1か月半も更新してませんね。すみません。

委託業務も終盤を迎え、納品に向けてバタバタです。

モノといってもこの業界では電子データです。客先に常駐して作業をするのでそこのPCというか共通して使っているサーバーマシンの指定箇所に、各作業結果や作ったものを置く形です。

営業契約上、お客の受領ハンコが必要です。どこに何のファイルを置いたかというリストを作って、それに納品書なるタイトルで業務内容概要、期間、納品日等々の情報と受領印欄を記した紙が表紙になります。

この1か月半の出来事を簡単に項目で。

・予定納品日に間に合わず延期

・2回目のダメ出し報告が上層部から本社へ通達

・こちらの言い分としては、納品直前にもかかわらず、バグや不具合(ほとんどが委託側のモノ、それを見つけるのが我々の業務ですが。こちらのバグは委託側の仕様が不完全で認識違いで作りこんだもの)が見つかりその対応をしています

・委託担当技術者は、前記事のように委託するのが初めて。お互い最後のまとめ段階でどうすれば良いか、切り上げのタイミングを逸してます

・当社上司曰くの「新規内容であってもできるだけ対応するように」を守ってきましたが、いくらでも出てくる新規業務をどこで打ち切ればいいかの判断がつきません

・担当技術者とその上司(進捗・納品物の質にしか興味のない)との間で認識が異なっている。ダメ出しがあったように一方的にこちらが悪者になっている

・どれだけの追加業務をこなしたかは上には報告されていない模様。まあ、競合の受託請負会社がひしめくこの業界だったら、できるだけのお手伝いはしまっせ。それによる進捗の遅れの非難は許容範囲(もちろん、本業の納期を勘案して「できないこと」を「できる」ということは一切ありません)

・とはいうものの終わりはしっかりまとめないといけません!ASDでもわかります

・担当技術者も無理を言っている認識はあるらしく、さらにその上司から我々請負会社の技術者のハンドリングのまずさにお客の会社内でクレームがついたようす

・うまい着地点というか落としどころを提示してきて(本当はこちらが提案すべき)それをもとに今月末までに終われそうなリストを提出

・業務の実績は未だ途中のものもありますが、ほぼ達成してます。ただ報告書の類が1つも出ていない・承認されていない(私は2つほど出していますがOKがもらえない)

とまあ、〆に向けての調整で四苦八苦な状況です

 

先月はというと。

・進捗報告内容のわかりにくさ、1項目について到底終われない業務なので方針変更を要求したときの提案力のなさ、私の管理能力について1回目のダメ出しが本社へ通達

・何かしらの対策案を提示しなけれないけないとのことで、管理職経験のあるメンバ1人をサブリーダ協力者して管理業務強化ということで一旦収束

・(一応得意とする)設計業務を2項目引き受けたけど、その後の付随する設計者検証業務(以前の会社では専門の人に任せていた)の作業量が多すぎて、チーム内で分担する騒ぎに

・土日は休めるけど、通勤時間もあって、帰るのはいつも午前さま

・土日は平日の疲れを取るだけ

こんな感じです。

 

さて、今回も嫁さんネタはほぼ皆無ですが、自分のASDネタ、精神は大丈夫か?です。

・精神的には比較的安定。なんかソワソワしてるときは薬を飲み忘れてるとき

・データベースない交渉ごとで、いままでの知識・経験だけで補完対応するのは無理がある(臨機応変というレベルじゃないと思う)

・仕事上の不条理・理不尽さはある。あくまで業務上であるので、腹も立ちもしないし状況打開の建設的な思考へ(やはり史上最悪の理不尽さを無意識的に比較してるのかも…)

・計画性のなさ、仕事の進め方は相変わらず無駄が多いかも(特質なんで気にもしてないけど、周囲に迷惑がかかるのでそれがちょっと心配)

という訳で、多忙ながらも落ち着いている感じですね。

 

取ってつけたような、残してきた嫁さんをはじめとする家族とのやりとり。

・Google版LINEでたまに業務連絡&Skype機能でお話しするぐらい

・お盆休みは、私の実家のほうで合流して過ごしました。ちょっと遠出でしたときにちょっとしたトラブルで険悪な雰囲気に。すぐに解消され、嫁さん自身も大した苦にも思ってないと思うけど、コミュ障健在と自分自身が思った次第

・嫁さんの実家(家族がいるほう)には帰れていない状況。この委託業務が終わったら(延長なしは宣言されているので)週末に帰りたいと思います。10月?

そんなところかな。

 

忙しい中、久しぶりに女性声優の出演する映像付ラジオを見ました。いつも推している声優さんじゃなくてそのお友達の。結構いろいろなゲスト(といっても声優が多い)とのトークをこなす40代の男性パーソナリティとのお話し開始早々、映像付なので一発でこの人、何かか抱えてる!ってわかっちゃいました。

簡単な話、相手の目を見て話さない。その後のトークで自ら「コミュ障」をカミングアウトしてました。もともとわかっていたかもしれませんが、その業界に入って自分を変えようと努力していくとのことで、がんばってほしいものです。

あと、何かの就活記事から辿っていったのですが、8割方?の人間が何らかの発達障害を持っていると。ここで発達障害の定義がかなり広義なものになり、精神医学で分類されているものではないことはすぐにわかりましたが…まあ、完全な人間なんて居ないわけですよ。

最近の成長は、

・自暴自棄にならない

・自己顕示欲を出さない(自分調べ)

・高望みをしない

かなぁ。

ではでは、今月がうまく収束し、来月はもうちょっと楽な仕事になって更新頻度が増すことを望んで。

 

転職後やっと安定してきました(カサンドラ症候群ネタ無し、自分のことだけ)

アスペルガー症候群(ASD) ブログ一般 お仕事

f:id:multiplier:20160806092241j:plain

トップ画像に特に意味はありません。プリント基板上に人がいるのが発見できますでしょうか?

会員制フリー素材で「社会人」で検索したら割と最初のほうにでてきたので。

暫く更新してませんでした。

とりあえず前回投稿からの出来事をリスト化。タイトル通り嫁さんネタも含めて今後、詳細を展開していきます。今回は現状の仕事・生活ネタ中心です。

 

・前職6/30退職、7/1付現職採用

・委託設計・検証会社

・主に委託先に3ヶ月~1年常駐して業務

・土日祝は基本休み

・給料は翌月払い

・仕事:非常にキツイ

・精神:安定←これ重要

・健康:今のところ病気はしてない

・居住:1K(築30年弱)33K円/月

・生活は家族には悪いけど1人暮らしを堪能できる!と思いきやそうでもない

 朝、比較的早く起きる(眠りが浅いかも)6時くらい

 朝にシャワー、朝食はグラノーラまたは牛乳のみ+野菜ジュース

 8時前、現在の常駐先会社へ出勤、電車徒歩含めて1時間

 仕事内容は別途

 昼食は常駐先会社の社食

 早ければ20時遅いときは0時近くに退社

 コンビニか25時までスーパーですでに千切りしてある野菜購入

 冷凍食品と野菜を食べてほぼすぐ寝る(寝落ち?)25時くらい

・休み:

 土曜は週一でしかできない洗濯

  チノパン、バスタオル、普通のタオル、バスマット x1

  半袖シャツ、パンツ、下着シャツ、靴下 x5

  ハンカチ x10

  が基本で適宜追加

 土曜の生活、陣取りイベントとかありましたが基本平日の物理的疲れを取るために寝てるか、「軽く」ネットめぐり。

 日曜は足りないもの、食糧、飲料の調達のため外出。夜に土日に出たモノの洗濯。

 気が向いたら遠出。電子部品調達用にアキバに行きたいけど都心には結構遠い。

・ゴミ管理(重要):

 比較的少なく、生ごみ皆無

 ビン、缶、ペットボトルを洗ってシンクと袋にためている

 週2普通ゴミ、週1ビン・缶、隔週ペットボトルは朝に出すようにしています。学生時代のようにため込むことはしてません。

 ミニマム生活にはちょっと遠いかな

・CPAPはほとんど装着できていません。ただ大きめの枕を2つほど壁側(隣と接している壁を叩かないように)に置いているため、目覚めたときば仰向けではなく横になっています。物理的に疲れているせいか寝落ちしたままの恰好で、尿意で早朝目が覚めます(ほとんどおじいさんですね)。土日はなるべくつけるか、昼寝の時にはつけるようにしています。

・ネトゲ、ソシャゲ

 PC上のゲームはほとんどしません。家族のいる地域の陣取りコミュニティとのやりとりがそこそこ。寝不足の原因だったスマホのソシャゲがすぐ寝落ちするので通勤中のログインボーナスのみ。陣取りに関しても、行き帰りの通勤中に24時間以内に1回ボタンを押す行為が必要なことを続けるためだけで、三角作ったりはしていません。

 声優ラジオ、TVを見て笑うということがなくなり、寝不足が解消され良いことなのか、笑ってストレス解消できなくて悪いことなのか定かではありませんが、聴けていません。

 (好き・興味のあることになると長文になるんだなぁ。ASDのせいとしておきましょう)

 寝不足がうつ病やストレス解消できない原因になると言われてましたが今のところその傾向は無いようです。

 

では、問題の仕事関係です。

・はじめて、委託企業先ではじめてまともなプロジェクトリーダ的任務をいきなり任されました。私を含めたった4人ですが素性もスキル・性格等もほとんど知らないしかも同年代か50代前半、管理職経験者も混ざっています。

・委託請負業も経験ないし、人を動かす業務は初めてなのでASDに務まるか!?

・委託する側には立ったり、委託業者の方と一緒に仕事をする機会もありましたが、請負側ははじめてで、何が良くて何をしてはいけないのかはさっぱりわかりません。さらにいきなり客先です。

・その判断がリーダに求められているのですが、全然基準がわかりません(泣)

・この会社に引っ張ってくれた元上司であり現上司に状況をメールで説明。予想される仕事量を見積りそれが期間内にできるようであればできるだけ引き受けるように、と。無理そうだったら再度相談してくれとのこと。

・最初に渡される資料が貧弱で、それで実行計画を立てるのが最初の全体というか私の業務および納品物。それで、ごにょごにょ…(いろいろ書きましたが推敲時削除)

・こんなことを書いてしまって良いのかわからないのですが、委託時に中間的作業で生じるやり取りは、窓口であるリーダを介さないとダメとの法律的な設定もあるらしいです。まあ、これが足枷になるんですが、委託側はリーダを通さずに直接担当者に指示を出してはいけないってことです。なんとなくは聞いたことはありますが…(当たり前なことを!と思ってくれる読者さんは、私が研究・設計だけをやってきてこのような契約・営業・管理業務にほぼ無知な人間だなぁとしておいてください。これから実地を含めて勉強していきます)

・ま、なんで入社早々管理業務をやらされるのかは、入社面接時に希望職種:技術者!として伝えました。で、いきなり試されてる、管理スキルをテストされている、ってことはASD云々より会社経験DBですぐわかりました。

・激動の1週間目が過ぎ、すでに3ヶ月が過ぎた感じがするぐらいの頭フル回転でした

・それから2週間弱は結構無難に

・さて7月後半からなにやら雲行きが怪しくなってきます

 *入力される仕様書類の情報量の目を疑うほどの少なさと遅れ

 *1行ほどで書かれている各項目の業務内容が非常に重いこと

 *委託側も激しく状況が変化しているらしく詳細内容が変更されたり追加されたり(もちろん大項目に含まれると言い張られるのでしょうが)

 *週報どころか日報を提出が要求され(これは最初からですが)、もちろん私がまとめて報告しているいます。1日の成果詳細がわからない。各項目のスケジュールの全体の何割が終わっているか明確でないので明記してくれとの指示が。

・この辺りから私の本業務に遅れが。管理業務、週2に減りましたがチーム進捗ヒアリング。管理的な要求をメンバに通達するための追加打合せ。進捗資料作りで80%時間を持って行かれます。20%で本業。

・私は大項目2つの主に設計に関する仕事を引き受けていました。進捗が思わしくないのでギブアップ宣言しますか?の委託担当者からの提案で、不本意ながらギブアップ。評価は下がったでしょうね。復活の可能性も。

・もう1つのメインの修正設計にも遅れが。(細かいこと書きましたが推敲して削除)コア部の設計を持ち帰り3日2晩フリーソフトで設計・動作検証。セキュリティ上あらゆる媒体の持ち出し・持ち込みが禁止されているので唯一暗黙スルーの「人間の記憶」でインタフェース。

・大体の動作はできたのですが、コアを使っているブロックに組み込んだところ、ある3つの想定外追加使用があることが判明。週末時点で2つの問題は回路修正して解決。

・残り1つを修正中、四則演算系を得意として中心に設計してきたのですが、実は苦手な境界条件と呼ばれる0とか‐1とか最大値・最小値の処理部分でして苦戦。遅延に遅延を重ねた納期が月曜日。

・時間の80%設計にもらえるなら間に合うレベル。特殊条件のため土日持ち帰り設計ができない。

・自分のことも、チーム全体のことも、委託側の要求が遅れたり・変更されたりで異常事態に陥っていることはさすがに認識できます。途中参戦してきた別ブロック検証の精鋭部隊に課長、部長がいるので、金曜の急な進捗提出物増加要求に関して打合せ。委託内容・進め方(含む、進捗報告)に当初要求からかなり逸脱しているであろうとのことで、本社案件として事業部長の判断を仰ぐことに。

 

まあ、予想はされていましたがトラブル発生ですな。

さぞかし悩んでいる、落ち込んでいる、また抑うつ状態になっているのかな?と思えば、現状全然問題なく精神的に安定しています

なぜか?

*3回目はないではなく、2回の経験がある

*責任の所在が自分にない(責任感なく業務をしているという訳ではないですよ)

*上記に関して良くも悪くも委託請負業者のため委託内容に大きな変更があったら仕切り直し等の営業・本社案件でそれに該当

委託担当者またはその部下だったら、確実にまた壊れていただろうなと第三者の自分が感じています。委託側では仕様変更・追加業務があるのでかなりもめていそうな様子

*理不尽、不条理が大の苦手ですが、前回の企業の公私混同無計画その場しのぎ的な指示ではなく、このASDにもわかるくらいの委託担当者の「俺、無理な要求してるな」ってのが感じ取れ、それを受け入れられない選択肢もあり、自分の会社側で気軽に相談する体制にあることが大きいです。最初の感じ取ったのが的外れなら、それはそれで面白いことですが(笑)

*上記に関して、大学、研究機関の上司は、相談して来いという割には、結局「解決策がでない」なぜか「業務の進め方・考え方講習」になっており解決の見込みが立たず、相談自体に意味がないのです。

*現在常駐している会社の壁に標語コンテストの入選作品みたいなのが貼られており、どれだけの効果があるのかわかりませんが、共感できるのがあったので。そのものを載せてしまうと会社や個人が特定できてしまうのでぼやかして。「自分の考えを押し付けてませんか?まずは相手の意見を聞いてみよう」ありがちですよね。でも重要だと思います。ASDもそうですが直前の上司も、こちらの考えを述べているとき「それは違う」と遮る!で、自分の考えをあたかも正しい方法のように語る。いちいち否定されちゃ相談なんて行けませよね。そこで討論・議論に持ち込み納得させる強者が元職場にはいましたが、私は論理立って話せませんし、パワー使うのも面倒だし(笑)ちょっと脱線ですね…

*ずいぶん昔の記事に書きましたが、理不尽、不条理発言などで相手に腹を立てるだけでなく「この人は視野が狭くてかわいそうなんだな」と思える当時の同僚がスゴイと。今回は、性格ではなく、おそらく状況がそうさせていて、キツイ立場にいるんだなぁと冷静に思うことができています。

*当初の割当て2.5個の仕事が降ってきました。リーダ業務は含みません。0.5の仕事は終わらせました。1個は途中脱落です。残り1つは明日にかかっていますが8割方できていても成果としては0か1です。できて1.5、できなくて0.5.確かに時間をかけて基本スキルがあれば全部2.5の成果は出せます。でも仕事なんで納期があります。時間内に終わらせてナンボの世界です。できたか/できないで評価されます。今回は別のテストもされていたということで技術評価が悪くても諦めます。言い訳ですが、元設定の技術期間の2割で終わらせろとのことだったので。

*仕事の話は最後。初めてのリーダ業務をしていますが、新人をみているわけでもなく、メンバさんはクセはあるもののもともと技術者なので助けてもくれますし、助言もくれます。あくまで助言です!あれだけ打合せ嫌いだった私が、全体把握のためもあり、自ら多くの臨時も含めて召集します。研究では新しいネタの元で必要であった雑談やヨタ話も、口に出ちゃってますが「この話はしなくて良いな」とバッサリ切ってます。ちょっとは成長したかな?あと上司の立場の気持ちもちょっとはわかりました

 

嫁さん、子供たちの話。LINEは個人的理由で入れていません。ただ陣取りの関係でGoogle版LINEのハングアウト(HO)は入れています。陣取り仲間では音声、映像とも通話はしなくチャットのみです。以前は2日くらいの間隔でしていましたが、仕事が忙しくなって昨日は1週間ぶり。チャットも止まったまま。まあ、ある意味、好き勝手やらせてもらっているかな?

長男君は、いろいろ困ったちゃんになってきました。学校の勉強、塾その他もろもろ。実はこのブログを長男君も見ているとのこと!!なので読者のみなさんに伝えること以外は特に書きません。基本好きなことをしてほしいとの嫁さんとの認識で一致しています。ただ、お金の話はしたくないのですがなんとか中流を維持している家計状態なので宿題をやらない塾はやめる方向で、成績の下落が問題なんで、私の時もそうでしたが私大にはいかせられないと。私と真逆の文系なのでバリエーションがある専門学校もありかなと。それも学費がかかりますが期間が短いので。

双子は、サッカーのほうをがんばってます。特に片方は県の代表選手に選ばれたとか。まあ楽しそうですね。勉学のほうは聞いてないです。

肝心の嫁さんのほうですが、一番手のかかる0番目の息子がいなくなったのは良いのですが、母子家庭状態で大変そうです。細かな判断は私より的確なのでお任せ状態ですが、先の長男君の問題等は遠隔で相談しています。

経済的な面は、現在過渡期で無収入かつ私の引っ越し&生活の立ち上げがあったので貯金をちょっと切り崩している部分がありますが、クレカ、その他引き落とし、の口座で家賃収入がなんとか食い止めてくれています。桁が1つ違う固定的な学資保険用途&老後の別枠貯蓄には手を付けていません。

 

まだ、時間の余裕と家族への気持ちの余裕が足りない状態です。早く慣れて、通常運行をしたいですね。

 



スポンサーリンク